総量規制ナビサイト

 

総量規制のキャッシングやカードローン・消費者金融、クレジットカードの悩み・疑問をわかりやすく解決していきます。

 

総量規制ナビサイト"画像"

画像総量規制とクレカ編

総量規制クレジット

 

総量規制とは、賃金業法は、2006年12月に成立しましたが、システム対応の準備期間などに時間がかかってしまったという事もあり、正式に施行されたのは、2010年6月からとなっているのです。総量規制などの重要な部分を含む、すべての規定が施行されました。こちらの総量規制の対象となるのは、すべてのキャッシングローンではないのですが、クレジットカードを使用した借入は、総量規制の対象となりますので、年収の3分の1を超える借入がある場合は、新たな借入をすることは出来ないのです。一方で、クレジットカードを使った商品購入は、貸金業法の規制の対象外となりますので、年収の3分の1を超える借入がある場合でも、クレジットカードで買い物をすることが出来るのです。キャッシングとはまた別と考えていいでしょう。このように、別として考える事が出来ますので、しっかりとキャッシングの返済を期日通り行っていれば、問題なくクレジットカードで買い物をすることが出来るのではないでしょうか。借入をしているとクレジットカードを使う事が出来ないと思っている人も少なくはないでしょうが、賢く使い分けて、借入を行うようにするといいという事を覚えておくといいのではないでしょうか。

 

総量規制クレジットカード審査

 

クレジットカードを新規で申込みたいという際に、他社で年収の3分の1以上の借入残高があるという人は、ほぼ間違いなく審査には通らないと言われているのです。クレジットカードは、ショッピングにおける理由がメインとなっている為に、年収に対して一定額の借入があるという人には、貸し倒れの恐れもありますので、カードの発行をすることが出来なくなっているのです。しかし、そのような状況であっても、カード会社によってはクレジットカードを発行することができるという会社もありますので、どうしてもクレジットカードが必要だという人には、借入のある状況でもクレジットカードを作ることが出来る会社を探してみる事から始めてみるといいのではないでしょうか。また、クレジットカードが発行されたとしても、キャッシング枠は0に近い可能性がありますので、事前に自分でキャッシング枠を0に登録しておくことによって、クレジット会社から良い印象を持ってもらう事が出来るのではないでしょうか。自分を良く見せる、アピール方法となるので、行ってみるのがいいでしょう。クレジットカードを作ったとしても、キャッシング目的ではないのなら、いいのではないでしょうか。

 

画像総量規制と消費者金融編

 

総量規制でも借りられる消費者金融

 

消費者金融からお金を借りる事が出来る金額には限度があるのです。その金額は、その人によって返済を出来る金額が定められているのですが、年収の3分の1の金額と定められているのです。このように決められておりますので、年収別の人によっても分かりやすい割合として設定されいてると言えるのではないでしょうか。しかし、すでに年収の3分の1を借入してしまっているが、まだお金が必要だという人もいるでしょう。総量規制を超えて借入を行う為には、総量規制の対象外の目的で、借入を行うことによって、借入をすることが出来るのです。例えば、銀行からの融資の場合には、総量規制の対象外となるのです。銀行からの融資と聞くと、会社で借入を行うような融資を想像するという人もいるでしょうが、一般の方が利用するカードローンであっても、総量規制の対象にはならないのです。その為、銀行系カードローンの限度額のあるローンカードを一枚作っておくといいのではないでしょうか。このような規制対策になっても、非常に使い勝手が良いでしょう。また、借り換えやおまとめローンなども総量規制の対象外となるのです。借りすぎてしまうという事は良い事ではありませんが、しっかりと計画を立てて利用する分には、便利なのではないでしょうか。

 

銀行系消費者金融総量規制

 

消費者金融に定められている総量規制という法律は、消費者金融の貸付高が年収の1/3以上を超える場合は、所得を証明する書類の提出が必要となるのですが、銀行系カードローンにはこちらは適用されません。それは、この総量規制は貸金業法での総量規制となりますので、銀行系のカードローン等は無関係となるのです。銀行系カードローンは、貸金業法ではなく、銀行業法で貸付を行っておりますので、消費者金融等が対象となる貸金業法は対象外となるのです。銀行系のカードローンは貸付を行う目的がはっきりとしておりますので、車のローンやマイホームローンなどの為に、利用をするという人が多いのです。また、銀行でのローンは総量規制の対象となっていない為、主婦の方でも利用することが可能となっているのです。分かりやすく言いますと、総量規制は多重の借金トラブルなどを防止するために、個人の借入額を規制するというものとなっているのです。その為、制限があって不便だと感じる人もいるかもしれませんが、借金地獄に陥らない為に規制をかけてくれているという風にも捉えられますので、返済をしていくことが可能な金額のみ借入をすることが出来るという事になるのです。

 

 

総量規制ナビサイト画像

少量規制対象外と言えば、銀行系カードローンを選択しましょう!

 

■楽天銀行の評判

 

楽天銀行と聞くと結構みなさん耳にしたことがあるのではないかと思いますが、キャッシングする際は他にも会社はたくさんあるのでどこを選んだらいいのか迷われている方がたくさんいらっしゃるのではないかと思います。
そこで楽天銀行の評判はどのような感じなのか見てみましょう。

 

野球の楽天イーグルスが優勝した際や、田中選手の移籍などと、何かと楽天というワードが飛び交っていたこともあり楽天のスーパーローンカードを作った方も中にはいるようです。
楽天で買い物をしている方であれば買い物をする度にポイントが還元される制度があるのでポイントで商品を購入することができるので節約にもつながり便利だそうです。

 

申し込みの際に携帯電話からの申し込みをするとその日のうちに連絡が入り審査をすぐしてくれて、次の日には即日銀行振込でキャッシングすることができたという意見がとても多いです。
また収入額がそれほどではなくでも審査が通りやすいとのことでした。

 

申し込みをした際に連絡や対応をしてくれる方がとても丁寧でスマートなやりとりができると評判です。
オークションやショッピングなど様々な用途で楽天カードが使えるので信頼して使えるカードと言えるのではないでしょうか。

 

■みずほ銀行カードローン

 

総量規制ナビサイト画像

画像

みずほ銀行カードローンではキャッシュバックキャンペーンを行っていて、キャンペーン期間内にみずほ銀行カードローンに新規契約をした方の翌月の借入分に対してかかる利息の100%をキャッシュバックしてくれるキャンペーンを行っているそうです。
すでにみずほ銀行のカードローンを持っている方は残念ながら対象外になってしまいます。

 

契約もとても簡単でインターネットから申込をし、内容に基づき審査を行ってくれ結果がメールで送られてきます。
審査に通った場合は書類が送られその後カードが届くかたちになっているので申し込み自体は店頭に行くこともなくできるので時間の都合がつくときに手続きすることができますよ。
また利用限度額が200万円以下の方であれば、本人確認書・収入証明書の提出はありませんので手間なく契約することもできます。

 

みずほ銀行カードローンは普通預金のキャッシュカード、またはカードローン専用での利用を選ぶことができ、キャッシュカード利用を希望の場合、カードローン快セル後にキャッシュカードですぐに利用することができます。
最大限度額も1000万円と高額になるので、様々な用途をサポートしてくれます。
またほかの会社からの借入がある際もみずほ銀行でまとめて借入することも可能です。

 

 

総量規制とキャッシングの関係を調べたサイト

総量規制のキャッシングやカードローン・消費者金融、クレジットカードの悩み・疑問をわかりやすく解決していきます。